ハローワークに行くと凹む

特別な国家資格を持っているわけでもない子持ちの私が、また働きたいとハローワークに行くと、そこには最低賃金の非正規雇用のサービス業か介護職、清掃そして生命保険レディのお仕事しかないことに、今更ながら気づかされました。
若い頃に勉強してこなかったということは、後は体力を使う仕事をするしかないわけで、体力仕事は年を取ったらできないわけで、年を取って体を壊したら働き口すらもないんだよなと思うと、将来が不安で不安でたまらなくなりました。
そう思って、帰りに宝クジを購入するも、もちろん当たるわけもなく、この3千円があれば靴下や下着を新しいものにすることができたなと考えてしまう私は、とことん貧乏人なのだなと感じました。